2010年09月26日

9月26日 揺るぐことなく

揺るぐことなく
コロサイの信徒への手紙 1章21-29節

コロサイの町は小アジア半島の内陸部、フリギア地方の商業都市だ。鮮やかな紅色に染めた羊毛で有名で、シクラメンの紅色をこの町の名前からとるほどだった、とローマ共和政期のプリニウスも書き記しているから、パウロの活躍した時代にはもうすっかり定着した名声であったに違いない。*パウロ自身はこの町を訪れてはいない。手紙の文脈からすると、弟子のテモテが、パウロ流の教会形成を根付かせたのだろう。大事な弟子が心血を注いでいる信仰の群れが、信仰的危機に直面していることを知らされたパウロは、この手紙をカイサリアの牢の中で書いたと推測される。*まだ見ぬ信仰の仲間に、恰(あたか)も顔と顔を合わせて親しく語るように、パウロは呼びかける。「あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはならない」と。*希望の福音以外の「救い」が心を揺さぶることがある。しかし、私たちは、十字架の主の苦しみの故に、そしてこの福音に命を委ねて生きた多くの使徒たちの故に「最初に聞いた」良い知らせに揺るがず踏み留まるよう招かれ、求められている。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

9月19日 見てきたように語り継ぐ

見てきたように語り継ぐ
出エジプト記 12章21-27

ユダヤの新年の祭りの季節に、私たちも続けて「律法の書」からみ言葉に聴く。*この日、「Yom Kippur=贖罪の日」には伝統的にヨブ記が朗読され、大魚の腹の中で回心を遂げた預言者が再び神の示す道を歩む姿に「裁き」と「赦し」の恵みを思う。*今朝の日課は、その「救出=贖い」のもっとも根源的な物語である出エジプトの出来事を、生き生きと、世々代々耐えることなく語り継ぐように、との契約の言葉だ。*神の救いの恵みを、年月がたっても色あせない、「今、ここで」将に実現する恵みの出来事として生々しく体現する場、それが礼拝だ。記念し、物語り、そしてその記憶を、今、ここで生き生きと新たに生きる、信仰の群れでありたい。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

9月12日 惜しまずに

惜しまずに
申命記 15章1-11

9月9日はユダヤの「年頭の祭り=Rosh Hashanah」だった。この日、「イスラエルの民」は、過ぐる一年の神に対する罪を告白し、悔い改めるしるしとして、互いに対する心情的、また経済的な負債を赦しあって「貸借なし」の自由で平等な関係性を回復する。その「赦し」のなかに、神の赦しの寛容さが体験されるのだ。*この主日には預言書も、福音書も使徒書もこぞって「惜しみなく」与えあい、また神に捧げることを語っている。それは、秋という実りの季節に相応しい勧めであり、またこの収穫の時期に完全な悔い改めをもってはじまるユダヤの暦(=それは私たちの礼拝の暦の根底に流れるリズムでもある)にも共鳴する。*私たちが、自らの労働の実りを惜しみなく、真心から隣人に与え、また神に捧げ挙ることは、私たちが、神から惜しみなく与えられ、真心から愛され、赦され受け容れられている、という事実に「立ち返り」、感謝をもって、神との、「貸借なし」の自由な関係に生き直すことの証となる。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

9月5日 生涯のささげもの

生涯のささげもの
マルコによる福音書 12章35〜44節

一人の女性が捧げた銅貨たった2枚の献金が、「だれよりもたくさん入れた」のだと断言するイエスの念頭には、今朝の日課の前半で、彼が辛辣(しんらつ)に批判した「エライ人たち」の鼻持ちならない偽善がある。*社会のなかで見過ごされ、周縁へと追いやられ、存在の価値も、その声も存在の意味すら奪われている人たちの、「取るに足らない」ささげ物にスポットライトが当たる。*金持ち=社会的強者は、多額の賽銭を入れることで更なる、お金以上の「獲得」を目指している。名誉、賞賛、尊敬といったもので自らの「評価」を膨らませ称揚(しょうよう)するためだ。*一方、一人の貧しい女性の銅貨二枚の献金もまた、密やかではあっても「お金ではない」価値を渾身の祈りで体現する。それは、この女性の矜持(きょうじ)であり、社会からおしつけられた「無価値」というレッテルへの果敢な抵抗であったにちがいない。その、「反逆」の瞬間をイエスは見逃さなかった。*捧げものは、私たち自身の霊性を露(あらわ)に示すのだ。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする

9月5日 生涯のささげもの

生涯のささげもの
マルコによる福音書 12章35〜44節

一人の女性が捧げた銅貨たった2枚の献金が、「だれよりもたくさん入れた」のだと断言するイエスの念頭には、今朝の日課の前半で、彼が辛辣(しんらつ)に批判した「エライ人たち」の鼻持ちならない偽善がある。*社会のなかで見過ごされ、周縁へと追いやられ、存在の価値も、その声も存在の意味すら奪われている人たちの、「取るに足らない」ささげ物にスポットライトが当たる。*金持ち=社会的強者は、多額の賽銭を入れることで更なる、お金以上の「獲得」を目指している。名誉、賞賛、尊敬といったもので自らの「評価」を膨らませ称揚(しょうよう)するためだ。*一方、一人の貧しい女性の銅貨二枚の献金もまた、密やかではあっても「お金ではない」価値を渾身の祈りで体現する。それは、この女性の矜持(きょうじ)であり、社会からおしつけられた「無価値」というレッテルへの果敢な抵抗であったにちがいない。その、「反逆」の瞬間をイエスは見逃さなかった。*捧げものは、私たち自身の霊性を露(あらわ)に示すのだ。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。