2011年03月27日

3月27日 イエスとは誰か?

イエスとは誰か?
ルカによる福音書 9章18〜27節

「Ocli〜目を注ぐ」の主日、私たちは福音書の物語によって、「ナザレのイエス」に注目し、この、癒し、語り、奇跡を行う方が誰なのか、告白するよう求められている。*この主日にはまた、私たちは東北地方太平洋岸地域で地震と津波、そして原子力の、人間の制御に服さない巨大な力の下、緊張と疲労の中にある人々に、再び思いを凝らす。*今朝の祈りは、ドイツ・東アジアミッションのHPに掲載された、世界中からの「執り成しの祈り」の中から選んだ。http://www.doam.org/pr_fs_beben2011_fuerbitten.html*日本と、世界中の信仰の群が、東北の被災の只中の人たちに目と心を注いで祈っている。私たちは、この目と心を、どこに注ぐのか。*講壇横の、花瓶の桜の蕾は薄いピンクに染まっている。自然は、それでも新しい命の希望へと目を上げ、体を一心に伸ばしている。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

3月20日 どうしてその国は成り立っていくのだろうか

どうしてその国は成り立っていくのだろうか
ルカによる福音書 11章14〜26節

「Reminiscere〜思い起こしてください」の主日、私たちは、被災の中、寒さと飢えと疲労に打ちひしがれる人たち、原子力発電所の暴走を必死で留めようとする人たち、原子の火に怖じ惑う人たち、そして、この深い傷を覆い包むために奔走する全ての人たちの思いを神が憶えてくださるよう祈り、私たち自身もまた、共に困難を担うものとなるよう、力と知恵とを願い求めたい。
           
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

3月13日 荒れ野で、独りでも

荒れ野で、独りでも
ルカによる福音書 4章1〜13節

受難節第一主日に「荒野の誘惑」の記事を読む。*空腹と疲労の極限で、イエスは人間の根源的な「欲」に立ち向かう。肉体の飢えと渇きを自ら癒すことへの欲求、全てを自分の支配下に置き欲しいままにする「力」への渇望、そして、自分が何者かであることを知らしめよう、という自己顕示欲。どれも私たち自身の中に大きな比重を占める「欲」だ。*これら3つの「欲」に共通するのは、自らの内にある「虚ろ」な場所を、自分の力で満たそうとする傾向ではないか。空腹を、何一つもたない空の手を、そしてなんら飾りも栄光の印もない自らの姿を、私たちは我慢できない。その無防備な「不在」を自ら埋めなくては満足できない私たちがある。*しかし、イエスはその「不在」をそのままに引き受け、その空虚は、ただ神の業とみ言葉によってのみ満たされる、と宣言する。*漠々たる荒野で、たった独りでも、その空虚を引き受けるとき、そこに神の恵みが満ちる時が始まる。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

3月6日 分かち合いの只中に

分かち合いの只中に
ルカによる福音書 9章10〜17節

降誕節の最後の主日、「神の子」としての輝きを露(あらわ)に示されるイエスの物語として、湖畔での「五千人の共食」が与えられている。*私たちの創造力、理解の限界を超えて豊かに働く神の恵みが、私たちの日常の些細(ささい)な行為を通して溢(あふ)れる。*極限の中で、命の糧を分かち合い支えあう群れの只中に、奇跡は起こる。神の力の無限に信頼して一つのパンが裂かれるところに、命の祝福が豊かに示される。*救いは分かち合いの只中にある。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。