2011年09月25日

9月25日 十字架を背負う

十字架を背負う
ルカによる福音書 14章25-35節

14:25大勢の群衆が一緒について来たが、イエスは振り向いて言われた。14:26「もし、だれかがわたしのもとに来るとしても、父、母、妻、子供、兄弟、姉妹を、更に自分の命であろうとも、これを憎まないなら、わたしの弟子ではありえない。14:27自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない。14:28あなたがたのうち、塔を建てようとするとき、造り上げるのに十分な費用があるかどうか、まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。14:29そうしないと、土台を築いただけで完成できず、見ていた人々は皆あざけって、14:30『あの人は建て始めたが、完成することはできなかった』と言うだろう。14:31また、どんな王でも、ほかの王と戦いに行こうとするときは、二万の兵を率いて進軍して来る敵を、自分の一万の兵で迎え撃つことができるかどうか、まず腰をすえて考えてみないだろうか。14:32もしできないと分かれば、敵がまだ遠方にいる間に使節を送って、和を求めるだろう。14:33だから、同じように、自分の持ち物を一切捨てないならば、あなたがたのだれ一人としてわたしの弟子ではありえない。」14:34「確かに塩は良いものだ。だが、塩も塩気がなくなれば、その塩は何によって味が付けられようか。14:35畑にも肥料にも、役立たず、外に投げ捨てられるだけだ。聞く耳のある者は聞きなさい。」

*弟子の資格は否定的な表現で《……なら、わたしの弟子ではありえない》とはじめに二度、最後にもう一度繰り返して示される(26、27、33)。その間の二つのたとえは、完全な覚悟と弟子たることの厳しさを教える。
*25-26。イエスは群衆に、ともに歩むこと、ついて来ることの本当の意味を示す。骨肉の縁よりも、おのれ自身よりもイエスを大切にすべきであるとの要求は、結局的決定的な救いが全く、イエスの人格そのものにかかっていることを示す。27。自分の命よりもイエスを大切にするということは、大きな十字架であろう。十字架を背負うという表現は、イエスの弟子がイエスの受難と死を共にすることを教える。28-32。弟子となるには、それに見合う覚悟があるか否かを自分に問うべきである。しかし途中でやめてしまうのは愚かである、これを主眼として、たとえは続く。33。だからイエスの弟子たるには、すべてを捨てる覚悟が必要で、自分の命さえも(26)、捨てる覚悟が要求される。34-35。このたとえは、先行する文と関連して意味が生まれる。イエスの弟子たらんとする者には、死をも覚悟の強い決意が要求される。しかし、このような覚悟がなくなると、イエスの弟子たる意味、即ち、他の人々にイエスの精神を植えつけ、イエスの精神を他に影響させることも不可能になる。それはちょうど食べ物に味をつけてそれを美味にさせるべき塩が、塩気をなくしたようなものである。《外に投げ捨てられるだけだ》という句には、神の国から捨てられるという神の裁きの警告である。そしてこれを強めて《聞く耳のある者は聞きなさい》という預言者的警告がされる。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

9月18日 主イェスの招き

主イェスの招き
ルカによる福音書 14章7-14節

14:07イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。14:08「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。あなたよりも身分の高い人が招かれており、14:09あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。14:10招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう。そのときは、同席の人みんなの前で面目を施すことになる。14:11だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」14:12また、イエスは招いてくれた人にも言われた。「昼食や夕食の会を催すときには、友人も、兄弟も、親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しをするかも知れないからである。14:13宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。14:14そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」

*ここでは宴会に招かれた人々への勧め(7−11)と招く側の人への勧め(12−14)の二つに分けられる。
*7-10 《宴会》は「お祝いの席」というぐらいの一般用語である。イエスは、あらかじめ上席に指定されている人がそこに行くのを批判するのでなく、上席を選びたがる精神を批判する。この精神は裏を返せば人を見下げる精神である。イエスの勧めは生活の知恵であるが、それだけなら、名誉を得るためにわざと末席に座る狡猾さを勧めるようなものである。しかしこの勧めは《たとえ》(7)であり、人間に対する神の態度(11)を示すものである。生活の知恵は一気に神の次元に高められる。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

9月11日 正しい服従

正しい服従
ルカによる福音書 14章1-6節

14:01安息日のことだった。イエスは食事のためにファリサイ派のある議員の家にお入りになったが、人々はイエスの様子をうかがっていた。14:02そのとき、イエスの前に水腫を患っている人がいた。14:03そこで、イエスは律法の専門家たちやファリサイ派の人々に言われた。「安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか。」14:04彼らは黙っていた。すると、イエスは病人の手を取り、病気をいやしてお帰しになった。14:05そして、言われた。「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」14:06彼らは、これに対して答えることができなかった。

*ルカ福音書には安息日にイエスがいやしをしたことが6:6-11(手の萎えた人)、13:10−17(腰の曲がった婦人)と今日のところ(水腫の人)の三箇所あります。6章と13章は会堂でのいやしで、今日のところはファリサイ派のある議員の家でのいやしです。13章の話の後には「からし種」と「パン種」のたとえが、今日のところの後には客と招待する者への教訓が記されています。
*今日の聖書日課は、旧約が出エジプト記23:10−13、使徒書がローマ14:1−9、
 詩篇が92:2−16です。旧約には安息日のことが、使徒書には「わたしたちは主のものです」との御言葉が記されています。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

9月4日 神の支配はどこに始まるか

神の支配はどこに始まるか
ルカによる福音書 13章10-21節

13:10安息日に、イエスはある会堂で教えておられた。13:11そこに、十八年間も病の霊に取りつかれている女がいた。腰が曲がったまま、どうしても伸ばすことができなかった。13:12イエスはその女を見て呼び寄せ、「婦人よ、病気は治った」と言って、13:13その上に手を置かれた。女は、たちどころに腰がまっすぐになり、神を賛美した。13:14ところが会堂長は、イエスが安息日に病人をいやされたことに腹を立て、群衆に言った。「働くべき日は六日ある。その間に来て治してもらうがよい。安息日はいけない。」13:15しかし、主は彼に答えて言われた。「偽善者たちよ、あなたたちはだれでも、安息日にも牛やろばを飼い葉桶から解いて、水を飲ませに引いて行くではないか。13:16この女はアブラハムの娘なのに、十八年もの間サタンに縛られていたのだ。安息日であっても、その束縛から解いてやるべきではなかったのか。」13:17こう言われると、反対者は皆恥じ入ったが、群衆はこぞって、イエスがなさった数々のすばらしい行いを見て喜んだ。13:18そこで、イエスは言われた。「神の国は何に似ているか。何にたとえようか。13:19それは、からし種に似ている。人がこれを取って庭に蒔くと、成長して木になり、その枝には空の鳥が巣を作る。」13:20また言われた。「神の国を何にたとえようか。13:21パン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に混ぜると、やがて全体が膨れる。」

*10-13安息日に会堂で教えていたイエスはそこに《18年間も病の霊に取りつかれている女》を見て、その病をいやす。イエスのほうから彼女にいやしの言葉を語り、手を置いていることが注目される。《病気は治った》(12)は、直訳すると「あなたはあなたの病気から解放された」。
*18《そこで》腰の曲がった女のいやしを説明する。つまり、18年間もの間病気の霊のもとに抑圧されていた一人の女の解放は《からし種》のように小さな始まり。しかし、大きくなって、その枝に鳥が巣をつくるほどになるように、女の解放は神の国の到来を準備する。ちょうど、少量のパン種が三サトン(1サトンは約13リットル)の粉を膨らますように。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。