2008年12月21日

12月21日 闇の中にも、共に

闇の中にも、共に
マタイによる福音書 1章18-23節

待降節4週目に灯す光は「愛」そして、「成就」。独り子を十字架につけるため世に送られる「父」なる神の愛、その愛によって成就する救いの約束に思いを馳せるこの日、私たちはメシアの「地上の父」としての責任を引き受けたヨセフの夢の闇の中へと誘われる。*「恐れることはない」。結婚を目の前にしたヨセフの幸福を突然に破壊した事実をそのままに受け容れよ、と天使は夢の闇の中で告げる。それは、ヨセフにとって自分のプライドよりも、マリアと彼女に宿る新しい命を優先することを選択をさせた。*ヨセフは人生の絶望の闇のなかで、神の時が満ちる時をそのまま迎え入れる。闇の中にも「共に宿る」神の徴を信じて。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年度 10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。