2009年06月07日

6月7日 解説不能

解説不能
マタイによる福音書 11章25-30節

「父の他に子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者の他には父を知る者はいません。」*イエスは神を知る者は自分と、自分が選んだ者だけだ、と言っているようだ。子=イエスを通してしか私たちは神も、神のみ心も知ることは不可能だと。*言葉では説明のつかないことが私たちの世界にはある。神とはどんな方なのかも、その《解説不能》の問いの一つだ。そのヒミツは私たちには開かれていない。*しかし、神と顔と顔とを見合わせて問い、また問いかけられる、その立場は重い。そのような「くびき」は私たちには負いかねる。だから私たちは、子であるイエスの下へと呼び寄せられ安息を得る。*だが不思議にも、その安息のうちに私たちは皆、神がどんな方か必ず知ることになる。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。