2010年03月07日

3月7日 土はひとりでに実を結ばせる

土はひとりでに実を結ばせる
マルコによる福音書4章26-32節

受難週第3週の礼拝の招きは「私は主に向かって ”目を注ぐ=Oculi”」という告白ではじまる。神に向かって声を上げ(Invocavit)、その憐れみと慈しみを思い起こして(Reminiscere)欲しいと祈り求める私たちは、やがて救いの主である神に目を注ぐ様にと誘われる。*そこには、私たちの呼びかけに応え、ご自身の憐れみを思い起こして私たちに神が注がれる慈しみの眼差しへの気づきがある。見上げる人の眼差しと、その眼差しに応えて何一つ見落とさずに包み込む神の憐れみの眼差しが交差する。*私たちのあらゆる部分を見通しその破れと共に、悲しみ、痛み、孤独や絶望の底まで静かに包み覆う神の眼差しに畏れと感謝をもって出会おう
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143607728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。