2010年03月28日

3月28日 主の名によって来られる方

主の名によって来られる方
マルコによる福音書11章1-11節

イエスは遂に、過越祭の準備に沸くエルサレムに到着する。過越祭はイエスの時代には強い政治性を帯びていた。エジプトの圧制をローマ帝国の帝国主義に二重写しにしながら、「異邦人」の支配を打ち倒してイスラエルに自由と勝利を与えられる神の救いの時の到来への、差し迫った期待がエルサレムに渦巻いていたことだろう。*その熱気の只中に、イエスは、借り物の、幼いロバの子の背に乗って入城される。それはゼカリヤの預言の言葉の成就を体現しつつ、「主の名によってくる方」がもたらすべき「救い」の真実の姿は、私たちの思い描く猛々しく雄雄しい姿とは全く対極のものであることが示される。*「主の名によって来る方」は全く無防備だ。丸腰の、まるで道化としか見えない「王」はしかし、命を奪うためでなく、自らの命を与えるため、ただ仕えるために来る。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。