2010年06月13日

6月13日 安らぎへの解放

安らぎへの解放
マルコによる福音書 5章1〜20節

「レギオン」とは「一軍団=兵士一千人」という意味。ゲラサの墓場で暮らすこの男性には一千もの「霊」が取り付き、彼を苦しめ人間としての生活を破壊していたのだ。*イエスはこの「一軍団」もの「霊」に退去を命じた。そして、「霊」が離れ去ったとき、この男性はただ茫然自失の中にあった、と福音書は記している。どれほどの年月、彼はこの霊の軍団に支配されていたのだろう。だが、イエスの退去命令は、この男性の人間としての生を回復した。それは、神が創造の初めに私たちに与えてくださった秩序=美しく良いものとしての命への復帰だ。*「救い」とは、私たちの命が、神の創造の美しさの只中へとイエスによって贖い返される出来事だ。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153581356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。