2010年11月14日

11月14日 叫びを聞き、痛みを知る神

叫びを聞き、痛みを知る神
出エジプト記 3章1〜15節

モーセは、イスラエルに対するエジプト人の理不尽な政策への義憤(ぎふん)から殺人を犯し、ミディアンの地へと逃亡、「政治難民」として暮らしていた。彼はそこで、土地の有力者エトロの娘婿となり、安定した生活を得ていたが、ある日、「燃えているのに燃え尽きない」柴に引き寄せられ、父祖の神と出会う。*炎の中からモーセに語りかける神は、「イスラエルの民の叫びを聞き、その痛みを知った」故に、モーセの前に自らを現して、民の救世主として遣わすのだとモーセに迫った。モーセはその召しを辞退しようとするが、自らの、多くの恐るべき名を明らかにして迫る神の前に最後は黙して従う。*人間の叫びを聞き、その声に応えて私たちの間に降り立ち、痛みをつぶさに知って共感される方、自ら「有ってあるもの」と名乗る方が、私たちを遣わし、また共に行かれる。その名は燃え尽きない柴の様に尽きない希望の徴(しるし)だ。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169364318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。