2010年12月05日

12月5日 魂を生かす祝宴

魂を生かす祝宴
イザヤ書 55章1〜11節

腹をすかせているもの、喉の渇いているもので自分のもとにくるものには、誰でも!対価を要求することなく充分にその必要を満たす豊穣・寛容な神の招きの声をイザヤは取次ぐ。*誰でも、正義と公平の神の声に聞き従い、その「道」を知って導きの内に歩もうとするものには必ず、体にも魂にもみずみずしい命を与えないではおかない神が、約束と招きの「みことば」として私たちに臨まれる。私たちはこの「みことば」に傾聴し、この「みことば」を食べることによって豊かな命を得ることを赦されている。*「みことば」が肉体となって私たちの只中に今年も来られる。その「みことば」こそ、私たちのために天から降ってくる命のパンなのだ。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。