2010年12月26日

12月26日 主の恵みの年を告げる

主の恵みの年を告げる
イザヤ書 61章1〜11節

預言者イザヤは、祖国の破滅の只中で、神が、救いと解放の訪れの知らせを、自分の口を通して語られる、という召命を担い、希望のことばを同胞に語り続けた。*初代の教会は、この預言者のことばの中に、暗い時代の只中に、神の国の福音をもたらしたキリストの誕生の徴を見出し、神の救いの約束に信頼を置いた。*苦しみと痛みの只中にも、神の恵みを数える希望を飼葉桶の中に見出そう。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。