2011年01月30日

1月30日 喪失の向こう側

喪失の向こう側
ルカによる福音書 21章1〜9節

ガリラヤからやって来たイエスの仲間たちは、都の中央にそびえる神殿にすっかり心を奪われる。ヘロデがその贅を尽くして改装・増築を施したイエスの時代の神殿は、ローマの建築技術を駆使して凝ったアーチや回廊をめぐらし、金や貴石をふんだんに使った絢爛豪華(けんらんごうか)なものだったという。*だが、イエスはこの壮麗な建造物も、その土台の後に一つの石さえ残らないほどに破壊されると、言う。全ては失われるのだ。*何もかも失った独りの女性が、その壮麗な神殿の賽銭箱に僅かな捧げ物をする。とるに足りないと見えるその捧げ物を、イエスはしかし、神の目には最も価値ある捧げ物であると言う。*地上の富の象徴とも言える神殿はやがて失われ、しかしその神殿で捧げられた、名も記録されなかった女性の銅貨二枚の捧げものは歴史を超えて記憶された。*失うことの向こう側で、神が喜んで受け取り記憶してくださる、そう信じて、私たちは、どんなときも、自身の最も良いものを、真心を込めて捧げたい。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183157730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。