2011年04月17日

4月17日 ルカによる福音書 22章39-53節

ルカによる福音書 22章39-53節

棕櫚の主日から受難週が始まる。歓喜の声でイエスを迎えた人々。それが一週間もたたないうちに、イエスを十字架にという声へと変わっていく。その間に何があったのだろうか。*ルカによる福音書では、19章28節からエルサレム入城の場面が描かれている。今日のみ言葉までにエルサレムでイエスがなされたこと、そのことによってイエスを殺す計画が立てられ、その準備がなされる。同時にイエスは弟子たちと最後になる晩餐の時をもたれる。ということが語られている。*人間の心というのは実に不思議で面白いものだと思う。自分でも理解しがたい部分をもち、自分でも制御しきれない部分をもつ。そこに罪・誘惑が入り込む機会を作ってしまうのだろうか。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。