2011年05月15日

5月15日 イエスの問い

イエスの問い
ヨハネによる福音書 6章34-40節

 永遠の命を与えられるということは、イエスにおける新しい創造によって「神の似像」を回復し、人格性を取り戻すことである。それは人間の自由と責任との関係に関わっている。*群衆の願いに対するイエスの答えは単純ではない。イエスを命のパンだと信じるか否か、という人格的応答性が問われているのである。信じなければ命のパンを得ることにならないのである。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。