2011年06月26日

6月26日 理想的な信者の生活

理想的な信者の生活
使徒言行録 2章37-47節

2:37人々はこれを聞いて大いに心を打たれ、ペトロとほかの使徒たちに、「兄弟たち、わたしたちはどうしたらよいのですか」と言った。2:38すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。2:39この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです。」2:40ペトロは、このほかにもいろいろ話をして、力強く証しをし、「邪悪なこの時代から救われなさい」と勧めていた。2:41ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。2:42彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。2:43すべての人に恐れが生じた。使徒たちによって多くの不思議な業としるしが行われていたのである。2:44信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、2:45財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。2:46そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、2:47神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。

*37-42。悔い改めと洗礼の勧告。38-39。ペトロは@悔い改めAイエス・キリストの名による洗礼の勧告B罪の赦しC聖霊の賜物を約束する。この約束は《あなたがた》ユダヤ人にも《遠くにいるすべての人》異邦人にも与えられる。41節でペトロの説教は終わる。42。原始教会の理想的な敬虔が描かれている。@使徒の教えは3−4章A交わりは、「援助」「奉仕」「施し」による交わりBパン裂きは、共同の食事で、愛餐と聖餐が一緒になっていた原始教会の理想的な食事C祈りはユダヤ教の敬虔の一つ。
*43-47。信者の生活。この箇所は、42節とともに、原始教会で行われていた理想的な信者の生活を報告するルカの「まとめの句」で4:32-35の「まとめの句」に並行している。47。《主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされた》とは、教会の創立者は主であることの宣言である。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212792208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。