2011年07月31日

7月31日 キリストの心

キリストの心
ルカによる福音書 7章36-50節

7:36さて、あるファリサイ派の人が、一緒に食事をしてほしいと願ったので、イエスはその家に入って食事の席に着かれた。7:37この町に一人の罪深い女がいた。イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いておられるのを知り、香油の入った石膏の壺を持って来て、7:38後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に接吻して香油を塗った。7:39イエスを招待したファリサイ派の人はこれを見て、「この人がもし預言者なら、自分に触れている女がだれで、どんな人か分かるはずだ。罪深い女なのに」と思った。7:40そこで、イエスがその人に向かって、「シモン、あなたに言いたいことがある」と言われると、シモンは、「先生、おっしゃってください」と言った。7:41イエスはお話しになった。「ある金貸しから、二人の人が金を借りていた。一人は五百デナリオン、もう一人は五十デナリオンである。7:42二人には返す金がなかったので、金貸しは両方の借金を帳消しにしてやった。二人のうち、どちらが多くその金貸しを愛するだろうか。」7:43シモンは、「帳消しにしてもらった額の多い方だと思います」と答えた。イエスは、「そのとおりだ」と言われた。7:44そして、女の方を振り向いて、シモンに言われた。「この人を見ないか。わたしがあなたの家に入ったとき、あなたは足を洗う水もくれなかったが、この人は涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれた。7:45あなたはわたしに接吻の挨拶もしなかったが、この人はわたしが入って来てから、わたしの足に接吻してやまなかった。7:46あなたは頭にオリーブ油を塗ってくれなかったが、この人は足に香油を塗ってくれた。7:47だから、言っておく。この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる。赦されることの少ない者は、愛することも少ない。」7:48そして、イエスは女に、「あなたの罪は赦された」と言われた。7:49同席の人たちは、「罪まで赦すこの人は、いったい何者だろう」と考え始めた。7:50イエスは女に、「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」と言われた。

*36 ユダヤ人はギリシア・ローマ人の習慣を取り入れ、正式の食事において横臥。
*37-38 それゆえ、《罪深い女》が入って来て、イエスの足もとに近づくことができた。客のいる家に勝手に入ってくることは社会的慣習として許されることであったが、この女はおそらく娼婦であり、この場にふさわしい人ではなかった。しかし、さらに不浄の存在であるはずの彼女がイエスに触れる。ファリサイ派の人の視点から見ると、彼女もそれを許すイエスもタブー(禁忌)を犯している。
*39 それゆえ、ファリサイ派の人はイエスが預言者であることを疑う。しかし、イエスはこの女がだれであるかを知るゆえに、彼女の振る舞いを許し、そこに彼女の悔い改めと愛を感得する(38)。
*40-43 このたとえの解釈は難しい。「多く赦された者が多く愛する」のだろうか。
*44-47 彼女の愛の大きさを見よ。しかし、それは「多く赦された者は多く愛する」(43)こと、《この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる》(47)ことと矛盾しないのか。矛盾しない。この人の溢れるばかりの愛は、彼女の中で既に働いている神の豊かな赦しの表現にほかならないのだから。
*50 イエスは彼女に救いを宣言。彼女の霊的救いのみでなく、社会への復帰を促す全体的救いを付与。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218907050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。