2011年09月18日

9月18日 主イェスの招き

主イェスの招き
ルカによる福音書 14章7-14節

14:07イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。14:08「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。あなたよりも身分の高い人が招かれており、14:09あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。14:10招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう。そのときは、同席の人みんなの前で面目を施すことになる。14:11だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」14:12また、イエスは招いてくれた人にも言われた。「昼食や夕食の会を催すときには、友人も、兄弟も、親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しをするかも知れないからである。14:13宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。14:14そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」

*ここでは宴会に招かれた人々への勧め(7−11)と招く側の人への勧め(12−14)の二つに分けられる。
*7-10 《宴会》は「お祝いの席」というぐらいの一般用語である。イエスは、あらかじめ上席に指定されている人がそこに行くのを批判するのでなく、上席を選びたがる精神を批判する。この精神は裏を返せば人を見下げる精神である。イエスの勧めは生活の知恵であるが、それだけなら、名誉を得るためにわざと末席に座る狡猾さを勧めるようなものである。しかしこの勧めは《たとえ》(7)であり、人間に対する神の態度(11)を示すものである。生活の知恵は一気に神の次元に高められる。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227505238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。