2011年12月04日

12月4日 見たこともない神を信じる

見たこともない神を信じる
ヨハネによる福音書 5章31-40節

5:31「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。5:32わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。5:33あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。5:34わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。5:35ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。5:36しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。5:37また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。5:38また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。5:39あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。5:40それなのに、あなたたちは、命を得るためにわたしのところへ来ようとしない。

*聖書に関して第4福音書記者は、この《聖書はわたしについて証しするものだ》とイエスに言わせている。39節《聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している》にもかかわらず、《父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じない》、《あなたたちは、命を得るためにわたしのところへ来ようとしない》と指摘されているように、問題は聖書を読む者の側にある。38節《あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである》。不信仰は具体的には、聖書を読んでも、その内容を受け入れないことにある。《あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証をするものだ》ということになる。言い換えれば聖書の証言はそれだけでは有効に力を発揮できず、御霊即ち、神の霊の働きによって初めて証言としての働きをなすのである。
(「新約聖書注解」より)
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。