2011年12月25日

12月25日 光を放つ言葉

光を放つ言葉
ヨハネによる福音書 1章1-14節

1:01初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。1:02この言は、初めに神と共にあった。1:03万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。1:04言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。1:05光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。1:06神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。1:07彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。1:08彼は光ではなく、光について証しをするために来た。1:09その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。1:10言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。1:11言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。1:12しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。1:13この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。1:14言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

*1:1-18最も短いイエス伝と呼ばれる9節から12節を内に含みつつ、この福音書がナザレ人イエスの生涯をどのような視点から描こうとしているかをあらかじめ示すための重要な序文である。               (「新約聖書注解」より)
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。