2012年01月29日

1月29日 イェスはよく知っておられる

イェスはよく知っておられる
列王記上 8章22-30節
ヨハネによる福音書 2章13-25節

8:22ソロモンは、イスラエルの全会衆の前で、主の祭壇の前に立ち、両手を天に伸ばして、8:23祈った。「イスラエルの神、主よ、上は天、下は地のどこにもあなたに並ぶ神はありません。心を尽くして御前を歩むあなたの僕たちに対して契約を守り、慈しみを注がれる神よ、8:24あなたはその僕、わたしの父ダビデになさった約束を守り、御口をもって約束なさったことを今日このとおり御手をもって成し遂げてくださいました。8:25イスラエルの神、主よ、今後もあなたの僕ダビデに約束なさったことを守り続けてください。あなたはこう仰せになりました。『あなたがわたしの前を歩んだように、あなたの子孫もその道を守り、わたしの前を歩むなら、わたしはイスラエルの王座につく者を断たず、わたしの前から消し去ることはない』と。8:26イスラエルの神よ、あなたの僕、わたしの父ダビデになさった約束が、今後も確かに実現されますように。8:27神は果たして地上にお住まいになるでしょうか。天も、天の天もあなたをお納めすることができません。わたしが建てたこの神殿など、なおふさわしくありません。8:28わが神、主よ、ただ僕の祈りと願いを顧みて、今日僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。8:29そして、夜も昼もこの神殿に、この所に御目を注いでください。ここはあなたが、『わたしの名をとどめる』と仰せになった所です。この所に向かって僕がささげる祈りを聞き届けてください。8:30僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。

2:13ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。2:14そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。2:15イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、2:16鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」2:17弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。2:18ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。2:19イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」2:20それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。2:21イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。2:22イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。2:23イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた。2:24しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。それは、すべての人のことを知っておられ、2:25人間についてだれからも証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである。

イスラエルの民がバビロニアの捕囚からエルサレムに還った後に再建した神殿はソロモン王が建てた神殿と比べると、比べるのも恥ずかしくなるくらい見劣りするものであった。昔の神殿を知る民からすれば自分たちのバックボーンが頼りないものと思えてしまう感があったのだろう。以来この神殿を何とかしたい、かつての荘厳な神殿をもう一度という思いがイスラエルの民の中にあったと想像される。ユダヤの王であることを人民にアピールしたいヘロデ王にとって神殿再建は有効な政策であったのでしょう。紀元前20年くらいから始まったこの神殿再建は今回の物語の時点ですでに46年の歳月がたっており、ユダヤの民にとってこの神殿を壊すことは到底出来ることではなかった。しかしイエスはその神殿を壊せという。人が自分たちの拠り所とするものを一度壊し、そこに新たな神殿=イエスを建てることが必要だとヨハネは私たちに語りかけてくる。
現代に生きる私たちも本当にイエスに拠り頼む生き方が出来ているのであろうか。
                           (本日の説教より感じた事です)
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。