2012年04月22日

2月26日 荒れ野の誘惑

荒れ野の誘惑
出エジプト記 17章3-7節
マタイによる福音書 4章1-11節

17:03しかし、民は喉が渇いてしかたないので、モーセに向かって不平を述べた。「なぜ、我々をエジプトから導き上ったのか。わたしも子供たちも、家畜までも渇きで殺すためなのか。」 17:04モーセは主に、「わたしはこの民をどうすればよいのですか。彼らは今にも、わたしを石で打ち殺そうとしています」と叫ぶと、 17:05主はモーセに言われた。「イスラエルの長老数名を伴い、民の前を進め。また、ナイル川を打った杖を持って行くがよい。 17:06見よ、わたしはホレブの岩の上であなたの前に立つ。あなたはその岩を打て。そこから水が出て、民は飲むことができる。」モーセは、イスラエルの長老たちの目の前でそのとおりにした。 17:07彼は、その場所をマサ(試し)とメリバ(争い)と名付けた。イスラエルの人々が、「果たして、主は我々の間におられるのかどうか」と言って、モーセと争い、主を試したからである。

4:01さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、“霊”に導かれて荒れ野に行かれた。4:02そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。4:03すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」4:04イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある。」4:05次に、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて、4:06言った。「神の子なら、飛び降りたらどうだ。『神があなたのために天使たちに命じると、あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える』と書いてある。」4:07イエスは、「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」と言われた。4:08更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、4:09「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。4:10すると、イエスは言われた。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」4:11そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。

*受難節第1主日にマタイによる福音書に記されている荒れ野での誘惑のところを読む。*イエスは荒れ野で誘惑する者(悪魔)から三つの誘惑を受ける。第一の誘惑は空腹という状況において、人を本当に生かすものは何か、と言う問題。第二の誘惑は神を試すこと。それは神への信頼そのものを試す問題。利用の関係は信頼関係を壊すもの。第三の誘惑は十戒の第一項への挑戦。
posted by MATSU at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年度10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。