2007年08月26日

8月26日 真に従うべき掟

真に従うべき掟
ルカ福音書14:1〜6

「人々はイエスの様子を覗っていた」。安息日の昼下がり。イエスが町の名士の食卓に招かれる。そこにはイエスを罠に掛けて貶め訴えるための仕掛けが張り巡らされている。
これ見よがしに食事の席に侍らされている水腫を患う人。イエスが今度も安息日に癒しを行うのか、そうした場合議員たちはどう出るのか。人々の無責任な好奇の視線の中で、病に苦しむ一人の人間は陰謀の小道具に過ぎない。
だが、イエスにとってはこの人の存在の回復は安息日の本質そのものだ。安息日の平安は命の再生(re-creation)にこそある。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59257589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。