2007年09月16日

9月16日 旅するこころ

旅するこころ
ルカ福音書15:11〜32

一生の内のある時期、私たちは「どこか遠くへ」行きたい、自由になりたいと切望する。この「下の息子」もそんな思いに駆られたのか。「ここ」ではない、「どこか遠く」で大きな世界を体験したい、そこで自分自身を試したい。「自分探し」の旅は大抵そんな風に始まる。*「自分自身」を探してさ迷い、道を踏み外し、何よりその見出した「自分自身」に失望して傷つく私たちを、神はしかし、決して見放さない。*「旅する心」は、私たちが、神に見出され迎えられる喜びを知るために、神が与えてくださったものなのかもしれない。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。