2007年09月23日

9月23日 こころのつながり

こころのつながり
ルカ福音書15:11〜32

私たちはいずれ気づくことだろう。「もう親はいらない。自分が望むように生きるのだ」との思いが空しく、救いを見出せないことを。そして「私たちは神の愛のうちにあるのだ、永遠に朽ちることのない救いのうちを生きているのだ」ということを。愛は神から与えられる。それは私たちが必死に追い求め、捜し求めるものではない。神さまご自身が与えてくださるものであることを。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88890570

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。