2007年11月18日

11月18日 幼い命の中に

幼い命の中に
出エジプト記 2章 1〜10節

モーセという名はMashah=「引き出す」というヘブライ語に語源を持つ。水の中から引き出されたこの幼い命は、やがてイスラエルの民を奴隷の地から「引き出」して荒野の旅を導き、「乳と蜜の流れる地」で自由に神を礼拝して生きる日々へと人々を送り出す。*暗い隷属の日々の只中に希望の光として与えられた神からの「しるし」は、脆くか弱い幼い命だった。*今年も、私たち自身の内に巣食い外を覆う「闇」の只中に、幼い命が救いのおとづれの兆しとして与えられる。その脆さの故に幼い命は私たちの堅く冷たい闇を拓くのだ。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88891905

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。