2007年11月25日

11月25日 新しい天と地と

新しい天と地と
エレミヤ 23:1-6 & ヨハネの黙示録 1:4-8

この主日、私たちは2007年の礼拝の暦を、エレミヤの王の出現の預言と、黙示録の神の声、「私はアルファでありオメガである」との言葉で締め括る。*教会は二つの「到来」の間を一年かけてゆっくりと螺旋を描きつつ巡礼する。幼子の姿でこの世に来られた主の降誕の時と、その同じ主が、雲に乗って栄光の王の姿で来られる終わりの時の間、すなわち歴史のアルファからオメガの間だ。*今日、私たちは神の時の終点に突き当たる。そしてその「突き当たり」で、私たちは今年もまた、神の救いの最初の到来の希望へと回帰する。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。