2008年01月20日

1月20日 自由に生きる

自由に生きる
ヨハネ福音書8:21〜36

「アンドリューNDR114」という映画がある。主人公はアンドリューという名のアンドロイド。彼は次第に体験から学び、感じ、そして愛するようになる。*彼の成長の過程で印象的な場面は「自由」を得たいと申し出る瞬間だ。人類の歴史を通して命がけで獲得する価値ありと誰もが認める「自由」を、彼は人間である徴だと考えたのだ。そしてその時、彼は自分を初めて一人称で捕らえる。*私たちが自由に生きるとは、キリスト以外のものを知る必要もない満足を得て、ただキリストの前に「私」であろうとする時かも知れない。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。