2008年03月02日

3月2日 部屋いっぱいに

部屋いっぱいに
ヨハネ福音書 12:1-8

「家は香油の香りでいっぱいになった」。*誰の目も気にならない。姉が目を瞠っている。男たちの言葉が鋭い。でも、それでも。自分の心を伝えるには今しかないのだから。この人はもう行ってしまう。*どんな高価な香油でも足りはしない。どんなに深く跪いてもまだ足りない。それでも。*最も親密な仕方で、最も脆く危うい心の思いが注ぎだされ、何にも阻まれず受け取られた。何一つ余すことなく。*自分の全てを注ぎだして奉げ、それがこの上ない特別な仕方で受け取られる幸い。注ぎだすことで満たされる不思議。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。