2008年03月23日

3月23日 踊り出る姿で

踊り出る姿で
ヨハネ福音書20:1-18

マリアは泣いていた。遺体が取り去られたからだ。だが、背後から懐かしい声がした。その瞬間、マリアはイエスが生きていることを疑わずに声のする方に振り向きざま、手を伸ばし彼を抱き寄せた。*「縋りつくな」とは連れない詞だ。だが、戸惑い、疑い、悲しみに捕らえられたままの私たちは復活のイエスに縋りついて彼を自分の側へと引き戻すことはできない。*「重い墓石をも蹴破って」死から命の領域へと踊りでられたイエスと共に、私たちも戸惑いやためらい、疑いの領域から、信じて生きる、新しい命の領域へと踊り出るよう招かれている。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 10〜3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90588007

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。