2008年06月01日

6月1日 幻を書き記す

幻を書き記す
ハバクク書2章1-4節

「幻を書き記せ/走りながらでも読めるように/板の上にはっきりと記せ」。*板に書かれた文を「檄(げき)」という。差し迫った状態で、人々に自分の意見を広く知らせ、それを読む人、聞く人に勇気を与え、奮い立たせ、積極的行動を取らせるようにする、そういう文を「檄文」というのだ。*今、板に書き記された神の幻が私たちの間を駆け巡る。疾風怒涛の破壊と横暴、世俗の嘲りや裏切りの只中にも神は居られ、揺るがない、という幻が。*世の只中で信仰の道を歩む私たちへの「檄」は、「永遠の命」の証となられた復活の、そして再臨のキリストという幻なのかもしれない。
posted by MATSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年度 4〜9月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99811257

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。